文芸おばまについて

 小浜市文化会館の自主事業は、市民からの提案事業で構成するやり方で取り組んでいます。

 その中心となる団体が「文芸おばま」です。

 昭和47年小浜市文化会館が設置されて以来、自主事業が「小浜市文芸協会(会長:市長)」により行われておりました。その活動を続けていく中で「日本の第九演奏会」など実行委員会体制で取り組む催しが増えてまいりました。そしてすべての催しがそれぞれ実行委員会体制で行われるようになったのを受けて平成12年から組織を改め「文芸おばま(会長:一般人)」となりました。

 市民からの提案を募り、それをヒアリングして採択した事業で小浜市文化会館の年間自主事業を構成しております。提案者は採択された事業を自ら実施することとなります。

 

 これまでの実施事業は、サブメニューからご覧いただけます。

(2017.1.20)